田中道弘のホームページ


自尊心,自尊感情,Self-esteem,自己肯定感について考える


田中道弘のHPへようこそ。

多くの先生方からの自己肯定感尺度ver.2および,向上心尺度のお問い合わせ,ありがとう
ございます。

 このホームーページでは,自尊心自尊感情といったself-esteemに関する
研究の説明,そして自己肯定感について説明をしています。また私が作成した
自己肯定感尺度についても,紹介しています。
 下記に,簡単な説明をしていますが,詳しくは各ページをご確認下さい


なお,引用は正しくお願いします。執筆者の氏名や論文等の記載を明記しなければ,
盗用、剽窃、盗作となります。教育現場や教育委員会の広報等で,このHPの内容を使用する
場合は,一言ご連絡を頂くか,ちゃんと引用をしてください。



最新情報
(2017年5月5日)

(1)日本人青年の自己肯定感の低さと自己肯定感を高める教育の問題
―― ポジティブ思考・ネガティブ思考の類型から――
自己心理学7 (印刷中)

(2)田中道弘(2014).Locus of Control が精神的健康に与える影響について
  − 自己肯定感と病理的特徴に基づく自己愛の視点から − ,自己心理学
   , 6, 53-56.

(3)2012年から2014年までの主な学会発表論文(日本心理学会、日本教育心理学会)
  様々な自己肯定感尺度の中で、どの尺度が最も  精神的健康感を測定できるか、
  大学生及び専門学校生を対象に分析し、発表しました。継続的なデータからも、
  自己肯定感尺度ver.2が今のところ、信頼性や妥当性ともに良さそうです。
※ 平石(1990)版、久芳・齊藤・小林(2007)版、樋口・松浦(2002)版との比較
※吉森(2015)版との比較は、行っていませんが、吉森(2015)版はα係数が低すぎる
  (α=.767)、自己意識や自尊感情などの理論的な位置づけの不明確さなど現時点では、
  多くの問題がありそうです。しかし研究の方向性の好みでいうと、改良さえ行われれば
  いいなと思います。
   2017年5月追記 

最近の研究

■ 書籍 ■

・榎本博明(編)(2011). 自己心理学の最先端:自己の構造と機能を科学する あいり出版
2,940 円



担当箇所 第2部 自己をめぐる感情 4章 自己肯定感 pp.129-140.

    ここで,自己肯定感研究の歴史的経緯,現在数多くある自己肯定感尺度とその定義
 などに触れ,これまでの自己肯定感研究の成果や問題点について書きました。また
  なぜ自尊心(自尊感情)では駄目なのか,自己肯定感でなければならないのかについて
  も,自己肯定感の学術的な位置づけを想定しながら分かりやすく解説しています。
  自己肯定感について,これから卒論や修士論文などで研究しようという方には,ぜひ
  読んでいただきたいと思っています。


・下斗米淳(編) シリーズ自己心理学 第6巻 社会心理学へのアプローチ 金子書房
  <担当> 第1部 自己と社会性 2章 自尊感情における社会性、自尊感情形成に際しての基準:自己肯定感尺度の新たな可能性


■ 論文 ■

・田中道弘(2011).自分を変えることに対する肯定的な捉え方の背景にあるものは何か?
 :自己肯定感,向上心,時間的展望,特性的自己効力感の視点から マイクロカウンセリング研究
  ,6,12-23.


 自分を変えたいと思うことは,自尊心や自尊感情が低いからでしょうか。確かに,現在の自分に自信が
 無く,自己嫌悪感を抱くため「自分を変えたい」と考える人もいます。しかし,同時に向上心を持って
 いるから「自分を変えたい」と考える人はいないのでしょうか。むしろ,こちらの方が,我々日本人
 にとって,一般的で,精神的にも健康な人の考え方ではないでしょうか?そんな思いを込めた論文
 です。

・ 田中道弘(2011).山影論文「青年期の成長動機場面と感情、成長過程行動に関する
  検討-愛着スタイルに着目して」についての意見論文  青年心理学研究,23,199-203.

・ 滝沢真知子・田中道弘(2011).幼稚園教育実習と保育実習の実習成果に関する考察  教育実践研究

・田中道弘・滝沢真智子(2010). 過去に対する自己肯定感尺度作成の試み
     埼玉学園大学人間学部紀要 10, 341-346.

 

■ 口頭発表・ポスター発表等 ■

・田中道弘(2012).自己肯定感尺度の検討 日本心理学会第76回大会発表論文集,p.21  
    概要:いくつかの自己肯定感尺度と,田中版(2008)を比較したところ,田中版が
    もっとも妥当性の高い尺度であることが示されました。
   


▼ Self-esteem(自尊心,自尊感情)についての簡単な説明
 人間にとってSelf-esteem(自尊心)は,精神的健康と深い関わりがあると考えられています。
ると考えられています。また,自尊心が高い人は,対人関係も良好であると考えられていいます
ます。


 Self-esteemは,日本語では,自尊心,あるいは自尊感情と訳されるのが一般的です。
しかし,日本語の意味で言う自尊心と,心理学の用語でいう自尊心とでは意味が違います。
日本語の自尊心は,プライドに近く,やや傲慢な意味合いを含みます。一方,心理学用語
での自尊心は,Self-esteemの訳語として使用され,自分に対する好ましさ,どのくらい
自分のことが好きであるか・・といった意味で使用されています。
 代表的な定義はRosenberg(1965)の「自己に対して肯定的,あるいは否定的な態度」です。

   Self-esteemの翻訳では,私は自尊感情ではなく,自尊心という言葉を基本的には使います。
共同研究の場などでは,言葉の統一という意味で自尊感情とする場合もありますが,本意では
ありません。その理由は,Self-esteemを「基本的に一貫性をもったもの」と考えるからです。
この一貫性を持ったものを,心理学や社会学では「態度」と考えます。Rosenberg(1965)も,
Self-esteemを態度として扱いました。
 もちろん,全くSelf-esteemは感情的要素は含まないのか?と言えば「否」です。しかし,
Self-esteemは,日々の変動はあるものの,相対的に見れば,基本的には一貫しているものと
考えられます。そういった理由から,邦訳として「自尊心」という語を用いています。

▼ 自己肯定感についての簡単な説明
Self-esteemを測定する場合,そのキー概念ともいえる「respect」の存在が問題とな
っています。日本語では,「尊敬」と訳されます。しかし日本人にとって自分を尊敬する
ということは,あまり馴染みのないことではないでしょうか?

 教育関係や臨床心理学領域では,近年,Self-esteem=自己肯定感と表記しているのを
見かけます。しかし,私はSelf-esteemは,それほど単純な概念ではないと考えています。
Self-esteemには,西洋文化ならではの「自己に対する尊厳」などの意味が含まれているか
らです。

 私は,自己肯定感の定義
  「自己に対して前向きで,好ましく思うような態度や感情(田中,2008)」
と定義しています。

 自己肯定感尺度ver.2は,統計的な視点と,回答者の自由記述や面接からの応答傾向
から,自己に対して肯定的,あるいは否定的な態度や感情を測定します。Rosenberg(1965)
の邦訳版自尊心尺度は「問われている内容の意味が分からない」と感じる者が多く,同時に
多様に解釈されやすい項目が,わずか10項目の中に複数存在します。
自己肯定感尺度ver.2は,こうした問題をクリアしているため,少なくとも過去1000人以上
の短大生や大学生を対象とした調査の中では,項目の意味が分からないなどという問題は
発生していません。



このホームページとのリンクは,商用サイト,アダルト系サイト以外
であればご自由にどうぞ。なお,本ページでの著作権は,放棄して
おりませんので,ご注意下さい。HP記事の内容については,引用は大歓迎
ですが,著者名や引用文献,ホームページアドレスなどの表記をしない無断転載,
無断掲載はお断りいたします。また,卒論や修士論文などで利用する場合も,
引用は正しくお願いします。

執筆者の氏名や論文等の記載を明記しなければ盗用、剽窃となり
ます。また,引用の形式を取らない無断転載はお断りします。


since 2009年8月25日
更新記録 2016年9月13日

topに戻る