自己紹介(所属学会,職歴,著書,論文等)


茨城キリスト教大学 (兼任講師)
茨城大学・埼玉学園大学・川村学園女子大学(非常勤講師)

田中道弘 博士(人間科学)



お問い合わせはこちら


▼連絡先 michihiro_tanaka○hotmail.com ※ ○は@に変更して下さい

※連絡の際は、お手数ですが、お名前、ご所属等をご連絡ください
 

所属学会
日本青年心理学会,日本心理学会,日本教育心理学会,日本応用心理学会,日本学校保健学会,日本マイクロカウンセリング学会

資格  応用心理士(日本応用心理学会認定),認定心理士(日本心理学会認定)
高等学校教諭一種免許状(公民),専門社会調査士(社会調査協会認定)

研究領域,関心領域
主に青年期の自己に関する領域に関心を持っています。
Self-esteem(自尊心,自尊感情),自己肯定感に関する研究が主なテーマです。
特に,Rosenberg(1965)の自尊心尺度に対する問題については,1999年頃から
学会等で批判的に,その問題を取り上げています。

他には,インターネット上でのコミュニケーション,それに関る問題などについても関心を持っています。

著書,職歴,主な論文は,下記に表記しています。

▼著書(共著)
梶田叡一(編)(2002).自己意識研究の現在 ナカニシヤ出版
  担当 第8章 文化と自己 pp.171-187
榎本博明(編)(2002).臨床心理学 ブレーン出版 
  担当 第6章 心理臨床の実際 pp.103-120
榎本博明(編)(2003).人間関係の心理学 ブレーン出版
  担当 第3章 対人行動
下斗米淳(編) シリーズ自己心理学(2008). 第6巻 社会心理学へのアプローチ 金子書房
  担当 第1部 自己と社会性
   2章 自尊感情における社会性、自尊感情形成に際しての基準
榎本博明(編)(2010) 人間関係の心理学 おうふう
  担当 第7章 友人関係のとらえかた
榎本博明(編)(2011). 自己心理学の最先端:自己の構造と機能を科学する あいり出版
担当 第2部 自己をめぐる感情 4章 自己肯定感 p.129-140. 

▼翻訳
 Kroger, Jane(2000). Identity development: Adolescence through adulthood.
 Sage Publications, Inc.
 3. Identity in Mid-Adolescence
  J・クロガー著 榎本博明(編訳)(2005). アイデンティティの発達 北大路書房
  担当 第3章 青年中期のアイデンティティ


職歴
1995-2005 常磐大学人間科学部コミュニケーション学科 実習助手
2001-2003 筑波学園高等看護学院 非常勤講師
     「情報科学」及び「看護研究法」

2003-2006 茨城大学工学部 非常勤講師 
  「物質工学実験T (C.パソコン演習を担当)」
2004 名城大学理工学部後援会 カウンセラー養成講座 非常勤講師
  上級コース 心理検査法
2006 常磐短期大学 非常勤講師
  JAVA初級
2006-2007 熊本大学教育学部 教員養成実地指導講師
  統計学 
2004- 名城大学 総合研究所 研究員
2009-2010 名城大学比較認知科学研究所  学術フロンティア心理グループ研究員
 (内容)脳とこころの発達における神経科学的・心理学的アプローチ
2003- 埼玉学園大学人間学部 非常勤講師
  「情報概論」平成2003年4月〜2005年3月
  「情報処理(文書の作成と表現)」2005年4月〜2008年3月
  「情報機器の操作」2005年4月〜2016年3月
  「情報処理(表計算)」2008年9月〜2009年3月
  「WEBデザイン(基礎)」2009年5月〜8月
  「情報と表現(基礎)」2009年5月〜8月

  「心理学実験U(作業検査法,態度測定法)」 2006年9月〜(全15回中,3回分の実習担当)
  「情報社会論」 2003年4月〜2017年3月
「社会調査実習T」「社会調査実習U」2011年4月〜

  2009- 2015年3月 日本マイクロカウンセリング学会事務局スタッフ


2011年4月〜 アール医療福祉専門学校 「情報科学T」「情報科学U」

2011年4月〜2014年3月 茨城歯科専門学校 「情報処理」 (※ 夏季集中)


2014年4月〜 茨城キリスト教大学 「保健統計」2014年4月〜
         2017年4月〜 パソコン基礎T,基礎U


2015年4月〜 茨城大学 「心理学への招待」


2015年9月〜 館林高等看護学院 「心理学」「精神保健」「情報科学」



2016年4月〜 川村学園女子大学 「心理情報処理U」「心理学研究法U(1)(心理調査法)」


2016年4月〜 筑波学園看護専門学校 「人間科学U(発達心理学)」

2017年4月〜 明治学院大学 「発達と学習の心理学」(※9月より)

▼主な論文
(博士学位論文)
田中道弘(2008).Rosenbergの自尊心尺度をめぐる問題と自己肯定感尺度の作成と項目の検討 

(原著: 単著)
田中道弘(2005). 青年の精神的健康感を捉える指標の検討:自己肯定感と時間的展望の視点から
  日本心理学会自己心理学研究会・日本発達心理学会自己心理学研究会分科会
  自己心理学,2 26-34.
田中道弘(2005). 自己肯定感尺度の作成と項目の検討 人間科学論究,13,15-27.
田中道弘(2005). 大学生のインターネット利用と精神的健康に関する研究 埼玉学園大学紀要 人間学部篇, 5,173-181.
田中道弘(2006).Rosenbergの自尊心尺度の再検討 埼玉学園大学紀要 人間学部篇,6,135−139.
田中道弘(2011). 自分を変えることに対する肯定的な捉え方の背景にあるものは何か?
 -自己肯定感,向上心,時間的展望,特性的自己効力感の視点から- 日本マイクロカウンセリング研究,6,12-23.


その他 多数 
(原著:共著)
田中道弘・上地勝・市村國夫(2003). Rosenbergの自尊心尺度項目の再検討
    茨城大学教育学部紀要(教育科学),52,115-126.
榎本博明・田中道弘(2006).自尊感情測定尺度の現状と課題 名城大学総合研究所紀要,4,
  41-51.

研究ノート
田中道弘・滝沢真智子(2010).過去に対する自己肯定感尺度の作成の試み 埼玉学園大学紀要
  人間学部篇,10,341-346.

(学会発表)
田中道弘(1999).Rosenbergの自尊心尺度に対する回答理由の研究 日本青年心理学会第7回大会
 発表論文集,29-30.

その他,多数

topに戻る