■Self-esteem(自尊心,自尊感情)研究について


 心理学研究では,人間にとってSelf-esteem(自尊心)は,精神的健康と深い関わりがあ
ると考えられています。また,自尊心が高い人は,対人関係も良好であると考えられてい
ます。


 Self-esteemは,日本語では,自尊心,あるいは自尊感情と訳されるのが一般的です。
しかし,日本語の意味で言う自尊心と,心理学の用語でいう自尊心とでは意味が違います。
日本語の自尊心は,プライドに近く,やや傲慢な意味合いを含みます。一方,心理学用語
での自尊心は,Self-esteemの訳語として使用され,自分に対する好ましさ,どのくらい
自分のことが好きであるか・・といった意味で使用されています。

 自尊心を測定するための代表的な尺度は,Rosenberg(1965)による10項目からなるスケ
ールです。邦訳版では,星野命(1970)版をはじめ,いくつもの邦訳版が作成されています。

 ところで,Rosenberg(1965)の邦訳版尺度において,第8項目が因子分析により,欠落
することがしばしば確認されます。これは,星野(1970)訳であれ,山本・松井・山成(1991)
であれ同じです。
(※ 山本ら(1994)の訳は,しばしば(1982)と表記されることがありますが,1982年の論文
では項目は紹介されていません。邦訳された項目が紹介されたのは山本ら(1994)からです。)

 私は,卒業論文の頃から,自尊心に関する興味を持ち始めました。修士論文では,日本的
自尊心の研究:日本的自尊心尺度作成に向けて(1997)と,今考えると大風呂敷を広げすぎ
て恥ずかしくなるようなタイトルの論文を書きました。この論文を執筆中に,Rosenberg(1965)
の自尊心尺度に対する疑問が,確信的に変わっていったように思います。

 さて,ちょうどその頃,溝上慎一(1997).「 自己評価の規定要因とSELF-ESTEEMとの関係:
個性記述的観点を考慮する方法としての外在的視点・内在的視点の関係 教育心理学研究,
45,62-70. という非常に洞察力に優れた論文に出会います。

 それまでは,Rosenberg(1965)の自尊心尺度をとりあえず使っておけば大丈夫的な雰囲気
があったように思いますが,そうではないことを,この論文において示唆されました。

 その一方で,私はRosenbergの邦訳版自尊心尺度に対して,素朴な違和感がありましたが
私は,その違和感の原因を「邦訳」や「文化」の問題であると考え始めました。そこで,
大学生の調査協力者に,Rosenbergの自尊心尺度に対して,自由記述によって,その回答理由
を尋ねました。そこで,はじめて,第8項目の問題が浮かび上がってきました。

 おそらく,Rosenberg(1965)の第8項目の問題に対して,日本で取り上げたのは,田中(1999)
の研究だと思われます。その後,田中(2002a,2002b)においても,この問題を取り上げ,その
原因について考察を行いました。私は,第8項目に含まれる「respect」の邦訳である「(自分を)
尊敬(すること)」が,日本人にとってなじみにくい項目ではないかと考えています。(注1)

 こうした研究を踏まえ,田中・上地・市村(2003)では第8項目が欠落している論文を紹介し,
Rosenbergの自尊心尺度の項目の修正試みました。

 なお従来は,Self-esteemが高いことが,そのまま精神的に健康であると考えられてきました
が,近年では,自尊心得点の高い者に高い攻撃性が見られることや,自尊心の高いことによる
負の側面なども議論されています。

しばしば、教育現場では、子ども達の自尊心(自尊感情)や、自己肯定感を高めましょうとい
った議論がなされていますが、非常に安易な考えに思えてなりません。この問題は、アメリカでの
教育現場での自尊心運動の失敗を、全く理解せぬまま、追従的に日本でも子ども達の自尊心を
高めようとしているように感じます。同じ過ちを繰り替えなさいように、アメリカでの失敗こそ
学ぶ必要があると感じています。




(注1) Rosenberg(1965)の邦訳過程について,星野(2010)先生がご自身の著作について,紹介されて
います。この記述を見て,私は大変生意気な言い方ですが「さすがは,大御所の星野先生だ」と
思いました。Rosenberg(1965)の邦訳尺度を使用される方は,一度は目を通しておいた方がよいで
しょう。

田中(2002a)では,星野(1970)や 山本・松井・山成(1982)などのRosenberg(1965)の邦訳版
尺度に対して問題提起をしました。その後,星野先生ご自身からご助言を頂き,田中・上地・市村
(2003)の研究に発展いたしました。

更新履歴
(2010年11月16日 一部追加)
(2011年4月10日 加筆修正)
 





【引用文献と関連文献】
星野命(1970). 感情の心理と教育(二) 児童心理, 24,1445-1477.
星野命(2010).人間性・人格の心理学(星野命著作集T) 北樹出版.
溝上慎一(1997). 自己評価の規定要因とSELF-ESTEEMとの関係:個性記述的観点を考慮する方法としての
 外在的視点・内在的視点の関係 教育心理学研究, 45,62-70.
溝上慎一(1999). 自己の基礎理論:実証的心理学のパラダイム 金子書房
  Rosenberg, M.(1965). Society and the adolescent self-image. Princeton : Princeton University Press.
田中道弘(1999). Rosenbergの自尊心尺度に対する回答理由の研究 日本青年心理学会第7回大会発表
 論文集,29−30.
田中道弘(2002a). 文化と自己 梶田叡一(編) 自己意識研究の現在(初版第2刷) ナカニシヤ出版
 pp.171-188. 
田中道弘(2002b). 自尊感情の測定に関する視点から(2) 林洋一・榎本博明(企画) 日本社会心理学会
 第43回大会自主企画 自尊感情をめぐって(2) 日本社会心理学会第43回大会論文集,878−879.
田中道弘・上地勝・市村國夫(2003). Rosenbergの自尊心尺度項目の再検討 茨城大学教育学部紀要
 (教育科学), 52,115-126.
田中道弘(2004). 自尊感情測定の試み(3) 榎本博明・小林 亮(企画)  ワークショップ8 自尊感情
 尺度開発の試み(3) 日本社会心理学会第45回大会, 27.配布資料(未公刊)
田中道弘(2005a). 自己肯定感尺度の作成と項目の検討 人間科学論究,13, 15-27.
田中道弘(2005b). 青年の精神的健康を捉える指標の検討:自己肯定感と時間的展望の視点から
   自己心理学(日本心理学会自己心理学研究会・日本発達心理学会自己心理学研究分科会), 2,26-34.
田中道弘(2006). Rosenbergの自尊心尺度の再検討 埼玉学園大学紀要人間学部篇,6,135-139. 
  田中道弘(2007a). Rosenbergの自尊心尺度(self-esteem scale)の再検討(1): 第1項目,第8項目の
 低得点群に分類される「向上心群」と「自己嫌悪群」は異質なのか? 日本教育心理学会第49回総会発表
 論文集,136.
田中道弘(2007b). Rosenbergの自尊心尺度(self-esteem scale)の再検討(2):第1項目,第8項目の
 低得点群に分類される「向上心群」は,自尊心尺度の概念上,異質なのか? 日本心理学会第71回大会 田中道弘(2007b). Rosenbergの自尊心尺度(self-esteem scale)の再検討(2):第1項目,第8項目の
 低得点群に分類される「向上心群」は,自尊心尺度の概念上,異質なのか? 日本心理学会第71回大会
 発表論文集,52.
topに戻る